メニュー

下落ショック軽減機能(DRC機能)とは

DRC機能は、不安定な相場環境下で値動きのブレを軽減したい人のための機能です。

DRC機能って何?

投資においては、高いリターンを得ることも大切ですが、大きな下落をできるだけ避けることも重要であり、DRC機能はこの点に着目した機能です。
DRC機能は、株式市場の値動きが大きくなり、その状況が継続すると見込まれる場合に、一時的に株式の投資比率を下げ、債券の投資比率を上げることで、資産全体の値動きのブレを軽減するための機能です。DRC発動後、株式市場の値動きが落ち着いてくる過程では、徐々に通常の配分に戻していきます。

  • DRCは、Downside Risk Controlの略称です。
DRC機能とは

一時的な株式市場の下落時には、DRCを発動しない場合があります。また、DRC機能は、将来の株式市場の下落を予測して発動するものではありません。

メリット・デメリット

過去のデータによれば、株式市場の値動きが大きくなると株式から得られるリターンが低下する傾向があります。
そのため、株式市場の値動きが大きい状況が続いた場面で株式への投資比率を引き下げるDRC機能には、損失を緩和する効果が期待できます。
一方、DRC発動後、株式の比率を引き下げている時に株式市場が上昇した場合には、その上昇分を完全に享受できない可能性があります。

DRCのメリット・デメリット

運用コースとDRC機能

基本資産配分に占める株式の比率が高い運用コースには、DRC機能ありの運用コースとDRC機能なしの運用コースがあります。
運用コースの手数料は、DRC機能の有無にかかわらず同じです。

  • 運用コースの変更は、運用開始日の翌月末を経過後から行えます。
楽ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。
また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。
楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.715%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.605%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.50%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.330%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.682%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。
これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。
金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。