MENU

楽ラップ通信 ~楽ラップの今を知る、楽ラップと長く付き合う~

楽ラップの運用状況徹底公開!~運用成績が良いのはどのコース?~

ナビゲーター Mr. AA(Mr. アセットアロケーション)とは?

金融業界で30年以上の経歴を持つ、楽ラップの運用責任者。
バブル崩壊、アジア通貨危機、リーマンショックを経験した数少ない金融の生き字引。
スポーツをこよなく愛する側面も。

アセットアロケーションとは・・・投資資産を国内株式、外国株式、国内債券、外国債券など各種資産に市場環境に応じて分散投資をすることです。

1.楽ラップの運用状況 ~2016年12月末までの運用状況~

  • 2016年12月末までの楽ラップの各コースの運用状況は、全コースについて良好な運用成績となりました。
  • コース別で見てみると、楽ラップのサービス開始以降、国内外の株式が上昇したことから、株式比率のもっとも高いコースの「1000500」がもっとも良好なパフォーマンスとなりました。
  • 一方、債券比率のもっとも高い「1000100」はプラスを維持したものの、上昇率は全コースのなかでもっとも低くなりました。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

※楽ラップのサービス開始日(2016年7月4日)を10,000として算出。想定されるパフォーマンスは過去のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮していませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。また、お客様毎に運用開始日が異なる為、お客様のパフォーマンスを示すものではありません。

  • 運用コースは、診断を行ったうえで、お客様に最適の運用コースをご提案します。 無料診断はこちら
    運用コースをご指定いただくことはできません。
    既に楽ラップをご契約中のお客様の運用コースはログイン後の楽ラップトップ画面でご確認いただけます。

TVTとは・・・TVTとは、株式市場の値動きが大きくなった場合、一時的に株式比率を引き下げて、ポートフォリオ全体のリスクを低減する機能です。詳しくはこちら

ポイント
  • 2016年11月の米国大統領選挙以降、株式市場の上昇、円安によって日本株、先進国株が楽ラップのパフォーマンスを牽引する結果となりました。
  • 比較的債券の比率の高い「1000100」、「1000200」、「1000600」のコースにおいても、債券の下落を株式の上昇が補う形となったことで、2016年12月のパフォーマンスはプラスとなりました。
  • 2016年は英国のEU離脱、米国大統領選挙などの大きなイベントがありましたが、波乱要因までにはいたらなかったことから、楽ラップにとってはいい年になったと考えられます。
Mr. アセットアロケーションから一言

2016年は楽ラップにとっては、とても良い年になりましたね。そして、相対的に株式比率を高める資産配分が功を奏しました。
いよいよ2017年、酉(とり)年の始まりです。今年は、トランプ米大統領が就任し、今後の政策が注目されます。また、欧州主要国でも選挙が予定されています。これらの動きには注意が必要です。しかし、「鳥」のように楽ラップも大きくはばたくことを期待したいですね。

2.楽ラップの資産配分 ~2016年12月末時点の状況~

2016年12月末時点の基本資産配分

本資料は基準日時点の基本構成比を示したものであり、市場動向等により変動します。また、将来のアセットクラス構成比を示唆・保証するものではありません。お客様の契約資産の内容によっては、上記記載の比率と異なる場合があります。組入銘柄の運用状況につきましては、楽天証券のホームページ等でご確認ください。

ポイント
  • 中長期的な見通しに基づき基本資産配分を見直しています。
  • 12月は、株式、債券の見通しに大きな変化がなかったことから、現状の資産配分を維持しました。
  • 債券市場から得られるリターンは限定的と考えており、株式比率を相対的に高位としています。
Mr. アセットアロケーションのTVTメモ

(対象運用コースは、「1000600から1000900」です。)
2016年10月中旬のTVT解除以降は、TVTを発動せず基本資産配分にて運用を行っています。つまり、株式市場は落ち着いた状況にあるといえます。実際に、日本株の株価変動率(日経平均ボラティリティ・インデックスベース)は2016年12月末時点で、5年平均、10年平均を下回る水準で推移しています。
2017年は前述の通り、市場に影響を及ぼしかねないイベントが控えています。これらが株式市場にマイナスに働く局面では、TVTの発動の可能性もあります。

TVTとは・・・TVTとは、株式市場の値動きが大きくなった場合、一時的に株式比率を引き下げて、ポートフォリオ全体のリスクを低減する機能です。詳しくはこちら

日経平均ボラティリティ・インデックス(VI)とは・・・市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値です。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と逆の動きをする傾向にあります。 楽天証券のHPでもご覧いただけます。日経VIはこちら

ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。

また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。

楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.702%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.594%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.40%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.378%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.6296%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。

これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。