MENU

積立(自動増額)

楽ラップの積立(自動増額)

楽ラップの積立は、お客様に代わって自動で毎月、増額注文をするサービスです。
投資をする上では避けることのできない相場の上げ下げも、積立で投資するタイミングを分ければ、一度に投資するよりもその影響を抑えることができ、長期投資におけるリスク低減に有効な「時間分散投資」が、より手軽に行えます。

月々1万円から

楽ラップの積立は、1万円から1円単位でご利用いただけます。
1万円からなので、無理なく続けられます。

  • 積立をご利用いただくには、事前または同時に楽ラップをお申込み(最低10万円)いただく必要があります。積立のみをご利用いただくことはできません。

手間いらずで毎月自動で追加投資

積立をする日(積立指定日)は、10日または25日(休業日の場合は翌営業日)のいずれかから選ぶことができます。
最初に選んでしまえば、あとは自動で毎月決まった金額が楽ラップに投資されます。

  • 積立には、積立指定日の前営業日15時までに、証券総合口座へ積立金額が入金されている必要があります。なお、マネーブリッジ自動入出金を設定している場合は、楽天銀行普通預金を含めた買付可能額が対象となります。
  • 3回連続で残高不足により積立が行われなかった(積立エラー)場合、積立の設定は自動的に解除されます。

資金計画にあわせた金額や日付の変更も可能

運用をしている途中で、積立する金額や積立をする日を変更することもできます。
「昇進したから少し金額を増やそう」「ちょっと家計が厳しいので金額を減らそう」といったことができるので、資金計画にあわせながら無理のない範囲で投資を続けることができます。

  • 変更のお申込みは、1契約期間中の変更可能回数(12回)の範囲内で可能です。積立の解除も変更回数にカウントされますが、変更可能回数が0の場合でも積立の解除は可能です。積立を解除しても、楽ラップの運用は継続されます。

積立の魅力

自動で投資をしてくれる積立のメリットは、手間を省けるというだけではありません。
積立投資によって得られる主なメリットは以下のとおりです。

投資のタイミングを気にしない

投資で利益を得るための鉄則は、「安いときに買い、高いときに売る」です。
ただ、市場価格が上がるか下がるかを当て続けるのは、プロでも難しいといわれており、投資のタイミングを考えて毎日を過ごすのはとても大変なことです。
積立は、市場の動きにかかわらずルールに従って自動的に投資を行う方法なので、投資タイミングを気にせずに、じっくりと資産運用に取り組みたい方にぴったりだといえます。

安いときにしっかり買う

積立なら、上下する市場の動きを利用して、「安いときにはしっかり買う」という投資が自然にできます。
より効率よくお金を増やすためには、将来使うときのために利益が少しでも増えるように価格が安いときに買っておくことが重要です。
市場の動きにかかわらず定期的に投資をすれば、投資期間の中で価格が安いときに買うことも可能になります。

積立の申込と積立開始日

新規申込と同時、または新規申込に伴う運用開始月に積立を申込んだ場合、積立開始日は、「運用開始日の翌月の積立指定日」となります。
また、新規申込に伴う運用開始月の翌月以降に積立を申込んだ場合、積立開始日は、直近の積立指定日となります。

新規申込と同時に積立をお申込みした場合

11月15日に新規申込と積立(積立指定日:毎月25日)を申し込んだ場合、12月25日が初回積立実行日となります。

新規申込後、運用開始月に積立をお申込みした場合

11月15日の新規申込後、11月20日に積立(積立指定日:毎月25日)を申し込んだ場合、12月25日が初回積立実行日となります。

新規申込の運用開始日の翌月以降に積立をお申込みした場合

11月15日の新規申込後、12月5日に積立(積立指定日:毎月25日)を申し込んだ場合、12月25日が初回積立実行日となります。

ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。

また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。

楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.702%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.594%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.40%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.378%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.6796%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。

これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。