下落ショック軽減機能(TVT機能)とは

株式市場の価格変動リスクが高まった際に、株式への投資割合を減らし、債券の投資割合を高めます。

メリット

株式市場の急激な下落による損失を緩和することが期待できます

デメリット

株式市場の下落後に急上昇した場合、上昇分を取り損なう場合があります

投資ファンド分類イメージ

相場変動例

運用開始後に運用コースを変更することで、下落ショック軽減機能(TVT機能)の設定を変更する事ができます。

※運用開始日の翌月末を経過後から、運用コースの変更等の契約内容の見直しが行えます。