メニュー

コラム・読み物

2022年2月に発動いたしましたDRC(下落ショック軽減機能)についてご報告いたします。

2月のDRCの発動について

足元に置きまして、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大、ウクライナ情勢の緊迫化、米国の高インフレを抑制するための積極的な金融引き締め観測などを背景に、株式市場の値動きが上下に激しい状況となっております。このため、去る2月4日に、価格変動率がDRC(下落ショック軽減機能)の発動条件を満たしました。
これに伴い、DRC付きコースにつきまして、2月7日に株式比率を引き下げた目標ポートフォリオへの変更を実施しました。
DRC(下落ショック軽減機能)では、①株式市場の価格変動率とトレンド、②景気のファンダメンタルズ指標の水準とトレンドを発動の判断基準としています。2月4日に①と②のそれぞれについて発動条件を満たしたことにより、DRCを発動させました。

今回発動のDRCの判断基準

  • 株式市場のトレンドがマイナス、かつ、価格変動率(ボラティリティ)が発動基準値を上回った。
  • 景気のファンダメンタルズ指標の水準は、好況・不況の判断基準値を上回っているものの、そのトレンドがマイナスに転じた。
楽ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。
また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。
楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.715%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.605%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.50%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.330%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.682%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。
これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。
金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。