よくあるご質問

皆さまから多く寄せられる質問をご紹介します。

複数の運用コースを契約することはできますか?

楽ラップは、1人につき1つの運用コースのみご契約が可能です。そのため、複数の運用コースを契約することや、増額分のみを別の運用コースで契約することはできません。なお、運用コースの変更は、運用開始日(契約締結日の翌営業日)の翌月末最終営業日以降、可能となります。

楽ラップを申込みましたがログイン後の「楽ラップトップ」画面には0円と表示されています。反映に時間がかかるのでしょうか?

ログイン後の「楽ラップトップ」画面への反映にはお時間をいただきます。
新規申込金額は、契約締結日の翌日より「楽ラップトップ」画面の資産合計に反映いたします。翌日までは、「楽ラップトップ」画面には0円と表示されます。楽ラップでは、ご契約の運用コースに基づくファンドの買付は、原則契約締結日の翌営業日に行います。約定したファンドから順に、「楽ラップトップ」画面の資産構成比および保有銘柄一覧に反映いたしますが、最初の約定までは楽ラップの「現金等」に100%と表示されます。

楽ラップの資産配分の見直しは、どのようなプロセスで行われるのですか?

楽ラップの資産配分は、マーサー・インベストメンツによる「長期的な見通し(年に1度)」に加え、「短中期的な見通し(四半期に1度)」を踏まえ、原則四半期に一度見直され、楽天証券が最終的な資産配分を決定します。なお、見通しに変更がない、または見通しの変更が軽微であった場合には変更を行わないこともあります。また、市場動向等によっては、適宜、組み入れファンドの変更や投資比率の変更等を行うことがあります

楽ラップの分配金や配当金は受け取れますか?

楽ラップでは、投資対象とするファンドの分配金は原則お客様の楽ラップ運用資産に再投資されます。そのため、お客様の証券総合口座に分配金が入金されることはありません。なお、楽ラップは株式には直接投資していませんので、配当金の受取はありません。

楽ラップで出ている利益分のみを減額することはできますか?

楽ラップは1万円以上1円単位で減額が可能です。ただし、含み益がでている投資信託のみを売却するわけではないため、利益分のみを減額することはできません。減額の際は、お客様が選択された運用コースの基本資産配分に基づいて各ファンドを売却することとなります。

楽ラップの解約には、手数料や違約金がかかりますか?

楽ラップには、解約手数料や違約金はありません。
成功報酬併用型の手数料コースをご選択された場合、運用成果により、解約時に成功報酬がかかります。

楽ラップの減額・解約代金はいつ入金されますか?

減額・解約代金は、申込受付日の翌営業日から換金手続きを開始し、原則、換金手続開始日から10営業日以内にお客様の証券総合口座へ入金します。お客様の証券総合口座への入金日が確定しましたら、メールでお知らせします。当該メールを受信した日が営業日であれば当日、土日祝日の場合は翌営業日に入金されます。

楽ラップの契約口座(特定口座・一般口座)を変更することはできますか?

楽ラップの契約口座は、新規契約時のみ選択が可能なため、契約中に変更することはできません。なお、楽ラップを一度解約後、ご希望の口座にて再契約いただくことは可能です。ただし、楽ラップの再契約は解約代金が証券総合口座へ入金された日の属する月の最終営業日まで制限されておりますので、あらかじめご注意ください。

楽ラップでは確定申告はどのように行われますか?

楽ラップは国内の公募株式投資信託を投資対象としており、楽ラップ内の投資信託の売買における税金の取扱いについては、一般的な投資信託と同様のものとなります。詳しくは、こちらをご覧ください。

楽ラップはNISAで利用できますか?

一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの非課税枠で楽ラップを購入することはできません。

その他のよくあるご質問は以下からご確認いただけます。

わからないことがあれば
お気軽にお問い合わせください

楽ラップに関するお問い合わせ

携帯・PHS・050で始まるIP電話からは03-6739-3333(通話有料)
音声ガイダンスにしたがい、プッシュ番号【商品やサービス、取引についてのご質問】をお選びください。
詳しくはこちら
受付時間:午前8時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)

楽ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料及び管理手数料)と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。

楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料と運用管理手数料の合計が最大で運用資産の0.702%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料と運用管理手数料の合計が最大で運用資産の0.594%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.40%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.378%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.6796%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。

なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。

あなたに合った運用コースを無料で診断する!

運用コース診断