MENU

はじめよう!!10万円からのお任せ運用 楽ラップ

はじめよう!!10万円からのお任せ運用

ロボ・アドバイザー楽ラップ

業界最低水準の手数料年間1%未満

"銘柄選択"や"売買タイミングの判断"は一切不要

無料診断する

※楽ラップの手数料について詳しくはこちら

お任せ運用の流れ

たった3ステップ!

  • STEP
    1
    無料診断
    15個前後の質問に答えると、ロボ・アドバイザーがあなたにピッタリの運用コースを提案します。
  • STEP
    2
    申込み
    提案された運用コースは国内外の株式や債券に分散投資をしますが、何度も再診断をすることも出来ます。
  • STEP
    3
    お任せ運用
    ロボ・アドバイザーが提案する運用コースが気に入れば、投資一任契約を結んで運用開始です。

楽ラップの魅力

魅力1楽々おまかせ資産運用
大手ネット証券※としては業界初、インターネット完結型の投資一任型運用サービスを提供します。
新興FinTech企業のFinatext社と共同で「ロボ・アドバイザー」診断ツールを開発。
インターネット上で15個前後の選択式の設問に答えるだけ。難しい金融の知識が無くても簡単にお客様にぴったりな投資スタイルを診断いたします。

SBI証券、松井証券、カブドットコム証券、マネックス証券、当社

魅力2世界で活躍する投資のプロのサービスをあなたに
世界中の大手投資家に資産配分アドバイスの提供を行う世界最大級の運用コンサルティング会社であるMercerの日本法人であるマーサージャパン株式会社の助言に基づいて、楽天証券が運用コースを提案します。日々刻々と変化する投資環境に応じ、米国最大級の資産運用会社であるSSGA社のアドバイスを受け楽天証券が機動的な資産配分のコントロールを実施いたします。
魅力3本当の低コストに挑戦!
資産運用にかかるコストを明らかにします。
低価格でありながら質の高い運用サービスを10万円からご利用頂くため、徹底して低コストを意識した投資信託で運用をします。

楽ラップなら!

1無料診断

悩み無用、投資における「あなた」のスタイルを診断します
新興FinTech企業であるFinatext社が開発したロボ・アドバイザーがあなたのあなたにぴったりの投資スタイルを診断。金融の難しい知識が無くても簡単に答えられる質問ばかりなのでご安心ください。

2運用コース提案

世界で実績のある投資のプロが
「あなた」にあった運用コースをお見立てします
世界中の大手投資家に資産配分アドバイスの提供を行う、世界最大級の運用コンサルティング会社であるMercerの日本法人であるマーサージャパン株式会社の助言に基づいて、楽天証券があなたの投資スタイルにフィットした運用コースを提案します。

3投資一任契約の締結

パソコン、スマホで簡単契約。これで面倒な運用は楽天証券にお任せ
楽天証券にあなたの資産の運用を委託する契約を締結します。契約と聞くと面倒くさそうですが安心してください。パソコン、スマホで簡単、スピーディーに契約完了。

4投資一任契約に基づいた運用

わずらわしい資産運用の手間からあなたを解放します
日々刻々と変化する投資環境に応じ楽天証券がマーサージャパン社SSGA社のアドバイスを受け資産配分をコントロール。長い資産運用のお世話は楽天証券に完全にお任せいただきます。高い質の運用サービスを低価格で提供します。

5定期的な運用報告

お任せ運用だからこその定期報告を3ヶ月に1回お届けします
定期的に運用資産の状況をお知らせします。お任せいただいているからこそ、丁寧な報告をさせていただくことで信頼していただきたいのです。

6運用方針の見直し

変化にも対応します。長い人生。あなたの変化に応じて投資スタイルも変化していくはず
運用も健康も定期健診は必要です。1年に1回くらいはあなたの投資スタイルの再診断はいかがでしょう。Finatext社のロボ・アドバイザーがあなたを定期健診、投資スタイルに変化があればそれに見合った運用コースをMercerの日本法人であるマーサージャパン株式会社の助言に基づいて、楽天証券がすばやく提案します。

ラップサービスとは

お客様の投資目的や投資経験をお聞きしたうえで、お客様に代わって資産運用と口座管理を行う、投資一任サービスです。

業界最低水準!!コミコミで手数料1%未満! ※1,2,3
楽ラップの手数料

楽ラップはお客様に徹底的に費用項目を開示することでお客様に透明性のあるラップ口座を目指します!!最終的にお客様が負担する手数料は業界最低水準の年間で1%未満!

他社ラップサービスとの比較(税込・年率)

※1固定報酬率(投資顧問料、運用管理手数料)の合計を指します。

※2投資信託の投資運用にかかる費用は、組入投資信託の実質的な運用管理費用を基本資産配分で加重平均した場合の上限目標値を用い計算したものです。実際は上限目標値を超えないように運用を行いますが、急激な相場変動等により、一時的にこれを上回る場合があります。

※3小数点以下第4位を四捨五入。2017年4月30日時点。

楽ラップが投資対象とする投資信託の信託報酬は業界最低水準※3の平均0.25%程度!

楽ラップでは本当の低コストを実現するため、低コストインデックスファンドを活用します。
ETFの方がインデックスファンドよりコストが低いという概念を覆します。

楽ラップが投資対象とする投資信託2017年4月10日現在
アセット
クラス
サブアセット
クラス
銘柄名 委託会社 設定日 信託報酬
(税込)
信託財産
留保額※4
国内株式 国内株式 ステート・ストリート日本株式
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.1836% 0.05%
たわらノーロード 日経225
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.1890% 0.00%
外国株式 先進国株式 ステート・ストリート先進国株式
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.2160% 0.30%
たわらノーロード 先進国株式
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.2214% 0.00%
先進国株式
(為替ヘッジあり)
ステート・ストリート先進国株式
インデックス・オープン
(為替ヘッジあり)
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.2376% 0.30%
新興国株式 ステート・ストリート新興国株式
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.3132% 0.25%
たわらノーロード 新興国株式
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.3780% 0.30%
国内債券 国内債券 ステート・ストリート日本債券
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.1404% 0.05%
たわらノーロード 国内債券
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.1458% 0.00%
外国債券 先進国債券 ステート・ストリート先進国債券
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.1836% 0.05%
たわらノーロード 先進国債券
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.1890% 0.00%
ステート・ストリート米国社債
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2017/01/27 0.2916% 0.30%
先進国債券
(為替ヘッジあり)
ステート・ストリート先進国債券
インデックス・オープン
(為替ヘッジあり)
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.2160% 0.05%
ステート・ストリート米国社債
インデックス・オープン
(為替ヘッジあり)
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2017/01/27 0.3132% 0.30%
新興国債券 ステート・ストリート新興国債券
インデックス・オープン
ステート・ストリート・
グローバル・アドバイザーズ株式会社
2016/05/09 0.1296% ※5 0.05%
REIT 国内リート たわらノーロード 国内リート
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.2754% 0.00%
先進国リート たわらノーロード 先進国リート
<ラップ向け>
アセットマネジメントOne株式会社 2016/06/24 0.3240% 0.00%
目論見書はこちら

※4信託財産留保額は解約時にペナルティとしてかかる費用です。手数料のように運用会社や販売会社の収益にはならず、投資していた投資信託に残す財産をいいます。

※5但し、楽ラップで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用(信託報酬を含む)は最大で信託財産の0.6796%(概算)(税込・年率)です。

よくあるご質問

投資一任契約とは何ですか?

A.

お客様が、投資一任運用会社として楽天証券に有価証券の投資判断の全てを一任し、それに基づいてお客様に代わって投資を行う権限を楽天証券に委任する契約です。

ロボ・アドバイザーとは何ですか?

A.

ロボ・アドバイザーとは、個人投資家がパソコンやスマートフォンからウェブサイトにアクセスし、自分の年齢や年収、投資に対する考え方、投資可能な金額などを入力したり、複数の質問に回答すると、その個人投資家に合った資産配分を自動的に提案してくれるサービスを指します。

さらに、その提示された資産配分を基に運用コースを構築し、リバランスを含む運用を全て自動で代行してくれるサービスまでを含めてロボ・アドバイザーと呼ぶこともあります。一部のロボ・アドバイザーでは提示されたアセットアロケーションで運用していた場合のシミュレーション結果を即座に提示してくれるものもあります。

つまり、これまで対面で行われることが多かった資産運用のアドバイスをロボットに任せることで、人手を介さない事によるコストの低下や、スピード、利便性も合わせて実現するサービスになります。

楽天証券に口座がなくても楽ラップは購入できますか?

A.

楽ラップの購入には楽天証券に総合口座を開設している必要があります。
口座開設のお手続きは楽ラップ購入に先だって行うことが出来ます。

なぜ信託財産留保額は存在するの?

A.

投資信託の解約を申し込むと、運用者はその解約代金を調達するために、その投資信託が投資している株式や債券などを売却する必要が出てきます。その際に発生する解約費用を今後もその投資信託を保有し続ける投資家に負担させるのは不公平なため、その費用を解約者にペナルティとして払ってもらうことにする制度です。

ラップのリスクと費用について

楽天証券ラップサービスは、国内投資信託および外国投資信託等を主な投資対象として運用を行うため、投資元本は保証されるものではなく、これを割り込むことがあります。

また、お客様には運用にかかる費用等をご負担いただきます。費用等には、直接ご負担いただく費用(投資顧問料(投資一任フィー)及び管理手数料(ラップフィー))と、間接的にご負担いただく費用(投資対象に係る費用)があります。

楽天証券ラップサービスの手数料体系には固定報酬型と成功報酬併用型があり、固定報酬型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.702%(税込・年率)、成功報酬併用型では投資顧問料(投資一任フィー)と運用管理手数料(ラップフィー)の合計が最大で運用資産の0.594%(税込・年率)+運用益の積み上げ額の5.40%(税込)となります。このほかに間接的にご負担いただく費用は、投資信託では運用管理費用として、信託報酬 (最大で信託財産の0.378%(概算)(税込・年率)。但し、楽天証券ラップサービスで投資する投資信託が投資対象とする他の投資信託の信託報酬等を加えた実質的な運用管理費用は最大で信託財産の0.6796%(概算)(税込・年率)です。)、信託財産留保額(最大で信託財産の0.30%(概算))、その他費用をご負担いただきます。

これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。なお、楽天証券ラップサービスにはクーリング・オフ制度は適用されません。金融商品仲介業者を通じてお申込みいただいたお客様は、ご担当者までお問合せください。